コンテンツにスキップする

香港株、出来高伴い大幅安-臆測飛び交い市場の不安深まる

更新日時
  • ハンセン指数は2%安-出来高は平均に比べて36%増
  • 本土市場も午後に下げ加速、貿易戦争などで神経質な展開

29日の中国株式相場は、香港株の急落が本土市場に広がった。目立った材料がない中で神経質な展開となり、売りが加速した。

  市場では、中国の中央政府が数十の新薬を新たな調達ラウンドで加えると示唆した文書がソーシャルメディアに出回り、香港のヘルスケア株が大幅に下落したとか、貿易戦争関連で不透明性が強まるなか週末のマクロリスクが極めて大きいなどとする臆測が飛び交った。本土市場では貴州茅台酒など人気銘柄が利益確定売りに押され、午後の取引で売りが膨らんだ。

  香港上場の中国本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数は前日比2.5%安。ハンセン指数は2%安で、出来高は30日平均よりも36%多かった。一部のトレーダーは、米国が前日に祝日だったためこの日のアジア時間は材料難だったと指摘した。

Hong Kong shares slump on no apparent trigger

原題:Hong Kong Stocks Sink Most in Asia as Market Anxiety Deepens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE