コンテンツにスキップする

欧州株と米国株先物が下落、香港人権法成立で米中貿易交渉に懸念浮上

28日の欧州株式相場は米国株先物と共に下落した。トランプ米大統領による香港人権法案への署名を受け、米中貿易交渉の先行きに懸念が強まった。金相場はじり高。

  ストックス欧州600指数は0.1%安。アジア市場の大部分が下げた流れに追随し、自動車株を中心に下落した。S&P500種株価指数先物はニューヨーク時間午後4時23分(日本時間29日午前6時23分)現在0.1%安。中国はトランプ大統領の動きに対し報復する構えを示したが、即座に行動するまでには至っていない。

  欧州のソブリン債は小幅下落。米国は感謝祭の祝日のため、国債・株式市場は休場。

原題:Stocks Slip With U.S. Futures on Fresh Trade Worry: Markets Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE