コンテンツにスキップする

【米中ウオッチ】香港人権法成立、ドル建て債敬遠、医薬品大幅値下げ

米中を巡る主なニュースは以下の通り。それぞれの記事を読むには、青地のリンクをクリックしてください。

  • 米大統領の署名で香港人権法が成立-中国はあらためて報復警告
  • 中国外務省、香港への干渉は関係と協力を損なう-米国に警告
  • 香港人権法、米中合意の可能性妨げず-2つを分けて考えるとシティ
  • 中国、地方政府の特別債で追加発行枠1兆元-インフラ投資で景気支援
  • 中国内外の製薬会社、平均61%の値下げ受け入れ-医療保険リスト入り
  • 中国のドル建て債、米国勢や資産運用会社が敬遠-貿易戦争の中
  • 中国の仮想通貨交換業者に早くも影響、最近の業界取り締まりで
  • ティックトック、動画で中国の弾圧非難した米少女のアカウント復旧
  • アリババ、ハンセン総合指数に組み入れ-12月9日から
  • 香港富豪の李氏、根拠なき批判の「パンチ」に慣れてきた-ロイター
  • 香港での逮捕者は5800人強、抗議活動関連で6月以降-警察発表
  • 香港政府、商業用地約5850億円で売却-落札額は過去最高でも予想下限
  • パナソニクが半導体事業から撤退へ、台湾の新唐科技に売却-報道
  • 中国の李首相が事業環境改善を表明、国務院会議後に-CCTV
  • 小米、7-9月は1%増益-スマホ低迷も海外やサービス部門好調
  • 上海電力、スペインACSの再生エネルギー資産買収を検討-関係者
  • 中国の銀行、2020年の増益率は7%近くを維持-CICCが予想
  • 中国、EUの炭素税構想などは一方的な行為-気候変動に関する報告
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE