コンテンツにスキップする

金価格は約3倍も、NY市場で行使価格4000ドルのオプション大口取引

金オプション市場では27日、金相場が1年以上先に過去最高値を超えて3倍近くに急騰することに賭ける175万ドル(約1億9200万円)相当のブロック取引が見られた。

  ニューヨーク市場では27日正午ごろ、2021年6月に1オンス当たり4000ドルで買う権利を保有者に与える金オプションが5000ロット売買された。このオプションは1オンス当たり3.50ドルで売却された。

  BMOキャピタル・マーケッツの金属デリバティブ(金融派生商品)取引責任者、タイ・ウォン氏は電子メールで「1年半の定期生命保険のようだ。金価格が4000ドルを付ければ世界はどうなるだろう」と述べ、このコールオプションを購入した人は「急激な動きを期待している」と指摘した。

  金先物は2011年に1オンス=1923.70ドルの最高値を付けた。今年は14%上昇したが、依然として史上最高値を24%下回っている。

Block trade in options market bets futures pass the 2011 record high

原題:Bold Bets That Gold Could Triple to $4,000 Trade in New York (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE