コンテンツにスキップする

米自動車ディーラー、11月は過去最大の値引きか-販売奨励金50万円も

  • 11月の奨励金は12%増加し、1台4500ドルの大台を突破すると予想
  • インセンティブの伸びは「業界の健全性を憂慮させる」とJDパワー

米販売店にある古いモデルの在庫一掃が思うように進まない自動車メーカーは、今月かつてない大幅なディスカウントに動く可能性が高いと市場調査会社JDパワーが予想した。

  27日の発表によると、11月のインセンティブ(販売奨励金)は12%増の1台当たり4538ドル(約50万円)と、4500ドルの大台を初めて突破する見通し。インセンティブの伸びは取引価格の上昇ペースを上回る見込みだ。

  JDパワーのデータ・アナリティクス部門バイスプレジデントのトーマス・キング氏は発表資料で、11月から12月にかけてのインセンティブの伸びは通常4%前後だが、今回は「かつてないペース」に向かう可能性があり、「業界の健全性を憂慮させる」傾向だと分析した。

  11月の乗用車・ライトトラックの販売台数は季節調整済み年換算(SAAR)で1750万台と、前年同月の1740万台をわずかに上回るが、2020年は1680万台と、今年の推計(約1710万台)から落ち込むと同社は予想している。

Giving More Than Thanks

Carmakers are projected to offer record discounts this month

Source: J.D. Power

原題:Automakers Dangle Record $4,500 Discounts to Clear Old Inventory(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE