コンテンツにスキップする
Photographer: Paul Yeung/Bloomberg

アジアのジャンク債発行、初の1000億ドル突破-昨年全体の2倍

  • ドル建てハイイールド債の年初来リターンはプラス13%近く
  • 投資家は最もリスクの高いアジアのジャンク債回避を-ゴールドマン
A Chinese one-hundred yuan banknote is placed in front of a U.S. one hundred dollar banknote in an arranged photograph in Hong Kong, China, on Monday, April 15, 2019. China's holdings of Treasury securities rose for a third month as the Asian nation took on more U.S. government debt amid the trade war between the world’s two biggest economies.
Photographer: Paul Yeung/Bloomberg

アジアのドル建てジャンク(投資不適格級)債の発行額は暦年ベースで初めて1000億ドル(約10兆9400億円)を突破した。

  各国の政策金利が過去最低水準近くにとどまる中、世界的に社債市場が活発化している。ブルームバーグがまとめたデータによると、今年これまでのアジアのジャンク債発行は、昨年全体の実績である約500億ドルの2倍のペースで推移している。

Junk Milestone

Asian junk issuers rushed to sell this year after a squeeze in 2018

Source: Bloomberg

Note: Data for 2019 are year to date, other years are full year

  ゴールドマン・サックス・グループは、最もリスクの高いアジアのジャンク債を回避するよう投資家に警告している。ドル建てハイイールド債のリターンは年初来でプラス13%近く。米金融当局の一連の利下げで利回り追求の動きが加速したほか、中国当局が信用緩和策を講じた。

原題:
Record $100 Billion Asia Junk Bond Boom’s Got Funds Wanting More(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE