コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数が7日続伸、米経済指標が予想上回る

更新日時

27日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が7日続伸。3月以降最長の上昇局面となった。米経済指標が予想を上回り、ドル買いが膨らんだ。リスク選好のセンチメントが強まり、S&P500種株価指数が最高値を再び更新した一方、安全資産通貨は下落した。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%高。一時は10月11日以来、ほぼ7週間ぶりの高値水準を付けた
    • 月末特有のフローからドル売りが出ると予想されていたが、28日の米感謝祭を前に投機筋はドルを買い戻した
  • 主要10通貨の中ではポンドが上昇率首位。一方、円とスイス・フランの下げが目立った。この日発表された米経済指標が力強い内容になったことに加え、米中通商協議に対する楽観から景気悪化への不安が弱まった。米10年債利回りは4日ぶりに上昇
  • ニューヨーク時間午後4時22分現在、ドルは対円で0.5%高の1ドル=109円55銭。一時は109円61銭と、5月31日以来の高値となった。対ユーロでは0.2%高の1ユーロ=1.1001ドル
    • 第3四半期の米国内総生産(GDP)改定値は2.1%増と、予想(1.9%増)を上回る伸びを示した
    • 耐久財受注額が予想外に増加。設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注も市場予想に反して増加した。新規失業保険申請件数は5月以来の大幅な減少
  • 米連邦準備制度理事会(FRB)が午後に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)では、米経済は11月中旬までに「緩慢な」ペースで拡大したと判断された。個人消費は底堅く、製造業からも明るい兆候が表れたという

原題:Dollar Set for Longest Winning Streak Since March: Inside G-10(抜粋)

Fed Report Says Economy Grew Modestly With Outlook Positive

(情報を加え、相場を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE