コンテンツにスキップする

金持ちの中の金持ちより資産22億円以下-収益性最高の顧客に照準

  • ニーズを重視して顧客を担当する部門を決める-クレディ・スイス
  • 「プライベート・バンキング・インターナショナル」を新設
A Credit Suisse Group AG bank branch.
A Credit Suisse Group AG bank branch. Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg
A Credit Suisse Group AG bank branch.
Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg

クレディ・スイス・グループのインターナショナル・ウェルスマネジメント部門を率いるフィリップ・ウェーレ氏は、最も裕福な顧客が必ずしも最も収益性が高いとは限らないと考えている。

  イクバル・カーン氏の後を今年引き継いだウェーレ氏は、富裕層顧客の中でもサービスの「カスタマイズ」を要求するほどには裕福でない層が、最も効率よく利益をもたらしてくれると考える。

relates to 金持ちの中の金持ちより資産22億円以下-収益性最高の顧客に照準

フィリップ・ウェーレ氏

  ウェーレ氏はリレーションシップマネージャーらに、資産2000万スイス・フラン(約22億円)前後かそれ以下の顧客を、新しく設立した「プライベート・バンキング・インターナショナル」という小部門に移すことについて検討を求めた。同行の富裕層顧客の中では最も裕福でない顧客にサービスを提供する部門で、テクノロジーを活用してコストを削減することで、厳しい競争で縮小するマージンを守りたい考えだ。

  クレディ・スイスの広報担当者は当初コメントを控えていたが、同行は顧客を担当する部門を決める際は資産の規模ではなく主に顧客のニーズに照準を合わせると説明した。

The Award for Millionaire-dom goes to Switzerland

Source: BCG Global Wealth Report 2019

原題:
Richest of Rich Are No Longer Holy Grail for Credit Suisse (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE