コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国経済は7カ月連続減速、貿易や生産者物価が響く-11月の先行指標

  • ブルームバーグが金融市場や企業に関する先行指標を独自に集計
  • 中国企業の販売担当者の指数は過去最悪-ワールド・エコノミクス
Pedestrians walk through the Nanjing Road shopping district at night in Shanghai, China, on Monday, July 29, 2019. Chinese trade negotiators will host their U.S. counterparts at a landmark of jazz-era Shanghai on the city's riverside Bund, re-opening trade talks with a marked change of atmosphere after an almost three-month hiatus.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国経済が11月に7カ月連続で減速したことをいち早く公表される指標が示している。

  7-9月(第3四半期)の中国経済は約30年ぶりの低成長となったが、金融市場や企業に関する先行指標を独自に集計したブルームバーグ・エコノミクスの指数はその後も景気減速が続いていることを示唆。11月は貿易や販売担当者のセンチメント、生産者物価の指数がいずれも悪化した。

Slowing Chinese Economy

Continues for a seventh straight month

Source: Bloomberg Economics

  米中両国が先月、いわゆる「第1段階」の貿易合意に向けた協議を発表して以来、米国との緊張は和らいでいるものの、アジアの貿易フローの先行指標である韓国の輸出は11月1-20日に前年同期比で10%近く減少。クリスマス商戦期が近づく中、域内全域でハイテク貿易がなお低迷していることが示された。

  ブルームバーグ・エコノミクスが作成した中国の生産者物価を測る指標は11月の物価下落幅拡大を示し、内需の弱さを露呈。こうしたデフレ効果が続けば、国内の企業利益がさらに打撃を受け、いずれは世界中の物価や企業利益を押し下げることになる。

Small Firms More Confident

But other indicators are pointing down

Source: Bloomberg Economics. South Korean Ministry of Trade, Energy and Industry, World Economics, Standard Chartered Bank

  ワールド・エコノミクスがまとめた中国企業の販売担当者の指数(SMI)は過去最悪の状況となった。主指数に加え、製造業とサービス業の項目別指数がいずれも節目の50を下回った。企業の信頼感は1年2カ月ぶりの低水準。全ての製造業指標が最近数カ月の水準から低下しており、問題の広がりを示している。

  ブルームバーグ・エコノミクスの万千エコノミストは「世界の弱い需要と貿易協議を巡る不確実性を踏まえると、中国の経済成長は一段と内需に頼らざるを得ないが、中国では生産者デフレが続いている」とコメントした。

Basically Standing Still

Markets haven't changed much since October

Source: Bloomberg Economics, market data compiled by Bloomberg

原題:
China’s Economy Slows for Seventh Month, Early Indicators Show(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE