コンテンツにスキップする

HP、好調な通期利益を予想-ゼロックスからの買収提案拒否後

  • 2020年度の一部項目除く1株利益は2.24-2.32ドルへ
  • 8-10月期の売上高と調整後利益、アナリスト予想を上回る

HPは26日、ウォール街の予想以上の利益見通しを示した。ゼロックス・ホールディングスからの買収提案を拒否しつつ、広範な事業再編が奏功するとの楽観的な見方を示した。

  発表資料によると、2020年度(19年11月ー20年10月)の一部項目を除く1株利益は2.24-2.32ドルの見通し。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は2.24ドルだった。8-10月(第4四半期)の売上高と調整後利益はアナリスト予想を上回った。

  プリンター業界を一新し得るゼロックスとHPの統合を巡って両社の攻防は激化している。ゼロックスはこの日、HP株主に直接訴える方針を示し、1株22ドルの提案をHPが拒否するのは「理にかなわない」と表明した。

  HPは24日、現金と株式で330億ドル(約3兆6000億円)以上の規模の買収提案を受け入れる以外に、株主のために価値を創造する多くの選択肢があり、「 ゼロックスとの統合には依存しない」というスタンスを繰り返した。

  8-10月期の売上高は前年同期比ほぼ横ばいの154億ドル。アナリスト予想平均は153億ドルだった。

  HPの株価は決算発表後の時間外取引で一時約2.5%上昇した。

原題:HP Projects Strong Profit After Spurning Xerox Takeover Bid (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE