コンテンツにスキップする

米国株が連日の最高値更新-米中協議を楽観

更新日時
U.S. Stocks Continue Rally Closing Up Over 100 Points
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America
U.S. Stocks Continue Rally Closing Up Over 100 Points
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

26日の米株式相場は続伸し、主要株価指数は前日に続き終値ベースでの過去最高値を更新した。トランプ大統領が中国の習近平国家主席と話をしており、貿易合意に向けた取り組みを双方が続けていると述べたことに反応した。米国債も値上がり。

  • 米国株は上昇、過去最高値を更新-米中協議を楽観
  • 米国債は上昇、月末要因で-10年債利回り1.74%
  • NY原油は続伸、米中協議への楽観や米在庫減少の見通しで
  • NY金は反発、ヘッジとしての金買い膨らむ

  S&P500種株価指数とダウ工業株30種平均、ナスダック総合指数はいずれも最高値を更新。中国商務省はこの日、中国と米国は「重要問題を適切に解決することで意見が一致」し、「第1段階」の貿易合意に関し残る点について対話を続けることで同意したと発表していた

  BOSのプリンシパル、デーブ・キャンベル氏は「第1段階の米中貿易合意は、少なくとも正しい方向への一歩になる」と指摘。「合意がまとまれば、市場はかなり前向きに解釈するだろう。実際のところ、既にその方向に傾き始めている」と述べた。

  S&P500種は前日比0.2%高の3140.52。ダウ平均は55.21ドル(0.2%)上昇の28121.68ドル。ナスダック総合は0.2%上げて8647.93。

  グレンミード・トラストの投資戦略責任者、マイケル・レイノルズ氏は米中貿易協議について、「市場としては、『証拠を示せ』という状況になりつつある」とし、「協議も重要だが、市場の流れを劇的に変えるのは、文書に記された形で実際の合意だ」と述べた。

  米国債相場は上昇。保有国債のデュレーション(平均残存期間)をベンチマーク(基準)に合わせようとする月末特有の買いが膨らんだ。ニューヨーク時間午後4時47分現在、10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し1.74%。

  ニューヨーク原油先物相場は続伸。米中貿易協議に進展の兆しが見られたことで買いが広がった。また市場調査で、米原油在庫の減少予想が示されたことも支援材料となった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物1月限は40セント(0.7%)高の1バレル=58.41ドル。ロンドンICEの北海ブレント1月限は62セント高い64.27ドル。

  ニューヨーク金先物相場は反発。米国の感謝祭の祝日を含む週末に貿易協議が行き詰まった場合に備えたヘッジとしての金買いが膨らんだ。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は0.25%高の1オンス=1467.40ドル。

原題:U.S. Stocks Rise to Record Highs; Treasuries Rally: Markets Wrap(抜粋)

USTs Advance; Long-End Outperforms Ahead of Early Month-End

Oil Rises on Signs of Trade-Talks Optimism, Stockpile Drop

PRECIOUS: Gold ETF Holdings Jump Most in a Month as Risk Hedge

(第5段落にコメントを加え、更新します。更新前の記事はダウ平均の終値を訂正済みです)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE