コンテンツにスキップする

米最高裁、トランプ氏財務記録に関する迅速な措置示唆-開示是非巡り

  • トランプ大統領の財務記録は当面非公開に-連邦最高裁
  • 財務記録の提出、少なくともさらに数週間は遅れる見通し

米最高裁はトランプ大統領の財務記録を下院委員会に提出させる是非についての判断を急ぐ方針を示唆した。大統領に簡易手続きによる上告を指示し、当面は財務記録書類を非公開にするよう命じた。

  トランプ大統領の会計事務所に対する下院監視・政府改革委員会の召喚状を巡る訴訟で、最高裁は25日、大統領の上告を受理するかどうか12月半ばまでに判断できるよう摘要書提出のスケジュールを設定。最高裁は上告を受理する場合、来年6月後半までに判断を下す可能性がある。

  最高裁はまた、下院召喚状の差し止めを求めたトランプ大統領の請求を認めた。この停止命令は最高裁判事が行動するまで続く。これにより少なくともさらに数週間は財務記録の提出が遅れる。最高裁はトランプ大統領の上告期限を12月5日正午までとした。

  今回の最高裁命令は9人の判事がどう判断するか、上告の受理で一致するかどうかについては何も言及していない。

原題:
Supreme Court Signals Quick Action on Trump Financial Records(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE