コンテンツにスキップする

アリババが香港上場、6.6%高で初日終了-約1兆2000億円調達後

更新日時
  • 「われわれは香港に戻った」-張会長が式典で発言
  • アリババはニューヨークにも上場しており重複上場となる

中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングが26日、香港株式市場に上場し、初日の取引を6.6%高で終えた。一時7.7%値上がりする場面もあった。

  アリババ株は発行価格176香港ドル(約2450円)に対し187.6香港ドルで終了した。取引開始時には、張勇(ダニエル・チャン)会長兼最高経営責任者(CEO)らアリババ幹部が香港の高官らと共に、上場を記念する合図を鳴らした。「われわれは香港に戻った」と張会長は述べた。

Alibaba's First Day Trading At HKEX

アリババの香港上場式典(26日)

  アリババは2010年以来最大規模となる香港での新株発行で約110億米ドル(約1兆2000億円)を調達。時価総額最大のアジア企業となっている。アリババはニューヨーク市場に上場しているが、中国本土の投資家よる売買が容易になるよう香港にも上場した。

  中国テクノロジー企業の幾つかが上場先に米国を選ぶ中で、アリババ上場は香港取引所にとって1つの勝利であり、民主化要求デモで揺れる香港の未来への信頼の証しともなる。  

原題:Alibaba Climbs 6% in Hong Kong Debut After Landmark Share SaleAlibaba’s Strong Hong Kong Debut Fuels Broader Ambitions (2)

(株価を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE