コンテンツにスキップする

米インテル、コネクテッドホーム部門の買い手求める-関係者

  • 競争力のない分野について選択肢を探る方針を示していた
  • コネクテッドホームではブロードコムやクアルコムと競合

インテルは住宅内のインターネット接続機器に使われる半導体を製造するコネクテッドホーム部門の買い手を探している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  コネクテッドホーム部門の年間売上高は約4億5000万ドル(約490億円)。情報の部外秘を理由に匿名を条件に語った関係者によれば、インテルは同部門の売却を目指し財務アドバイザーを起用した。

  インテルの担当者はコメントを控えている。

  同社のボブ・スワン最高経営責任者(CEO)は業務の見直しを行っており、競争力のない分野について選択肢を探る方針を示していた。7月にはスマートフォン向けモデム事業の大半を10億ドルでアップルに売却することで合意した。

  コネクテッドホームの分野ではブロードコムクアルコムなどと競合している。

原題:Intel Is Said to Seek Buyers for Home Connectivity Chips Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE