コンテンツにスキップする

トルコ、ロシア製ミサイル防衛システムのレーダー試験開始

  • S400の試験開始で米国との対立深まり制裁の可能性増大も-TD
  • S400はより広範囲に米国や同盟国の航空機撃墜する設計

トルコは新しく購入したロシア製ミサイル防衛システム「S400」の一部を試験する。米国との対立がエスカレートし、対トルコ制裁の発動につながる恐れがある。

  トルコの国防当局者は25、26日に首都アンカラでS400のレーダー探知装置の試験に軍用機が使用されることを明らかにした。同当局者は国防省の規則に従い匿名を条件に語った。

  エルドアン大統領は今月のトランプ米大統領との首脳会談でトルコが同システムの配備を断念しないと伝えたと述べており、議会が支持する制裁が発動される恐れがある。TDセキュリティーズの新興市場調査責任者、クリスティアン・マッジョ氏は「制裁はさらに具体的な可能性になる。これまでもそうだったが、今後は差し迫った可能性になり得る」と述べた。

  米国防総省の当局者は、トルコがS400の配備を続ける場合、次世代ステルス戦闘機F35の購入や同機の部品製造の継続はできなくなると繰り返し警告していた。S400は従来型ミサイルよりも広範囲に米国や同盟国の航空機を撃墜するために設計された。トルコが両方を配備すれば、こうした防衛システムの回避を狙ったF35の機密技術が流出し、ロシアの技術改良に利用されかねないと米当局者は懸念している。

原題:Turkey Begins Testing Missile Radars at Heart of Row With U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE