コンテンツにスキップする

ドイツ企業の先行きへの期待、11月は4カ月ぶり高水準-景況感も改善

  • 期待指数は92.1に上昇も、市場予想の92.5には及ばず
  • 第4四半期経済成長率予想は0.2%と、前四半期から若干の加速

ドイツ企業の先行きへの期待感が11月に改善した。欧州最大の経済大国である同国の景気減速が徐々に底入れしている兆しが一段と強まった。

  Ifo経済研究所が集計した11月の期待指数は92.1に上昇し、4カ月ぶり高水準をつけた。ただし市場予想(92.5)には及ばなかった。ドイツの10-12月(第4四半期)経済成長率は0.2%と、前四半期の0.1%を上回る伸びが予想されている。

  現況指数は前月比で若干上昇、期待と現況を合わせた総合の景況感指数もわずかに改善した。景況感指数は95と、4カ月ぶりの高水準だった。Ifoによると、小売業者には非常に良好なクリスマス商戦が期待できそうだ。

German business confidence is improving, but progress is slow

  全般的な低成長はしばらく続く公算が大きく、2020年の経済成長率はわずか0.7%の見通し。これは2013年以来の低成長と予想されている今年の0.5%を若干上回る程度だ。さらに貿易戦争や英国の欧州連合(EU)離脱など、先行きの見えない問題も影を落としている。

原題:German Business Sentiment Gain Still Leaves Economy in Slow Lane(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE