コンテンツにスキップする

三菱商、中部電:オランダ・エネコ買収へ、再エネ強化-5000億円

更新日時

三菱商事と中部電力は25日、欧州で総合エネルギー事業を展開するオランダのエネコの売却入札に共同で参加し、優先交渉権を獲得したと発表した。最大100%の株式を41億ユーロ(約5000億円)で取得する予定。

  買収は三菱商が80%、中部電が20%出資する合弁会社を通じて行う。  

  エネコはオランダやベルギー、ドイツの3カ国を中心に再生可能エネルギーを中核とした発電事業を手掛けており、約120万キロワットの再エネ資産を保有。電力・ガスのトレーディングや小売り事業なども展開している。

  三菱商はエネコと欧州で洋上風力発電事業を共同で展開するなどしており、買収によって欧州域内外での再エネ事業を拡大させる。中部電も、電力自由化で先行する欧州市場で事業展開するエネコの事業ノウハウを得ることで国内外のエネルギー市場でシナジー創出を狙う。 

(発表の内容を追加して、記事を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE