コンテンツにスキップする

ウルグアイ大統領選の決選投票、野党候補が僅差でリード-暫定集計

  • 国民党ラカジェポー氏48%、与党・拡大戦線マルティネス氏46.8%
  • 公式集計は26日開始、最終結果判明は29日以降か-選挙裁判所

南米ウルグアイで24日行われた大統領選挙の決選投票は予想以上の接戦となる中、暫定集計の段階で野党候補が僅差でリードしている。

  選挙裁判所に提出された暫定集計結果によれば、中道右派・国民党のルイス・ラカジェポー前上院議員(46)の得票率は48%、与党の左派・拡大戦線のダニエル・マルティネス前モンテビデオ県知事(62)は46.8%だった。同裁判所のホセ・アロセナ長官が記者団に語ったところでは、公式集計は26日開始で、29日まで最終結果が判明しない可能性があるという。

  ラカジェポー氏の勝利が確定すれば、15年ぶりの政権交代となる。決選投票の勝者は2020年3月1日に新大統領に就任し、5年の任期をスタートする。

Presidential Candidate Luis Lacalle Pou Arrives For Election Night Rally

ラカジェポー氏

  

Presidential Candidate Daniel Martinez Holds Election Night Rally

マルティネス氏

原題:Uruguay Awaits Final Vote Count as Opposition Holds Small Lead(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE