コンテンツにスキップする

トランプ氏弾劾調査、報告書提出で終わらず-米下院情報特別委員長

  • 情報特別委は報告書提出後も資料収集を継続する方針-シフ委員長
  • 大統領が行った事実に関し「反論の余地はあまりない」と委員長

米トランプ政権の不正行為疑惑の調査を主導する下院情報特別委員会のシフ委員長は24日、大統領の弾劾訴追につながり得る最初の報告書を同委が提出した後も調査は続けられると述べた。

  シフ委員長(民主、カリフォルニア州)はCNNの番組「ステート・オブ・ザ・ユニオン」に出演し、「引き延ばしを狙って政権側が消耗作戦を展開する間、何カ月も待つつもりはない」と発言。大統領が行った事実について「反論の余地はあまりない」とし、民主党の主張は「完璧」だとした。

House Intelligence Committee Holds Hearing On Impeachment Inquiry Of President Trump

シフ下院情報特別委員長

写真家:アンドリュー・ハラー/ブルームバーグ

  下院公聴会の模様は2週間にわたりテレビ放映されたが、今週は弾劾調査の次の段階に移る。判明した事実を下院司法委員会向けに正式な報告書にまとめる非公開の過程だ。

  シフ委員長によると、同委は報告書の提出後も引き続き資料を収集する方針で、証言録取や聴聞会を行う可能性もある。同委員長はNBCの番組「ミート・ザ・プレス」で「調査は終わらない」と語り、新たに公聴会を開催する「可能性を排除しない」と述べた。

原題:
Trump Inquiry Won’t End With Impeachment Report, Schiff Says (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE