コンテンツにスキップする

アイカーン氏、オキシデンタル取締役会の支配目指す-関係者

  • アナダルコ買収を巡ってオキシデンタルやCEOを声高に批判
  • オキシデンタル株はアナダルコへの関心が伝えられてから41%下落

資産家カール・アイカーン氏は米石油・天然ガス会社オキシデンタル・ペトロリアムの取締役会を支配するため、独自の取締役候補10人を立てる計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  情報は公開されていないとして匿名で語った関係者によると、約10億ドル(約1090億円)相当のオキシデンタル株を保有するアイカーン氏は指名期限の29日までに行動を起こす予定。同氏の担当者はコメントを控えた。オキシデンタルの担当者からも今のところコメントを得られていない。

Key Speakers At The Leveraged Finance Fights Melanoma Event

カール・アイカーン氏

写真家:ビクター・J・ブルー/ブルームバーグ

  アイカーン氏は8月に完了した370億ドルでのアナダルコ・ペトロリアム買収を巡ってオキシデンタル、特にビッキー・ホラブ最高経営責任者(CEO)を声高に批判してきた。株主投票の欠如に加え同社が買収を完了させるため資産家ウォーレン・バフェット氏から100億ドルという多額の資金を得たことに不満を抱いている。

  オキシデンタルの株価はアナダルコへの関心が4月に最初に報じられてから41%下落し、株主価値は約150億ドル消失。アイカーン氏は買収手続きが完了したら統合新会社の売却の可能性を含め戦略的見直しを実施すべきだと主張している。

原題:
Carl Icahn Is Said to Seek Control of Occidental’s Board(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE