コンテンツにスキップする

受注逃したアマゾンが提訴、米国防総省クラウド選定に「不備」と主張

  • 国防総省は「契約先決定に自信、法に従って実施」と説明
  • 契約先にはマイクロソフトを選定、最大100億ドル

米国防総省が最大100億ドル(約1兆900億円)相当のクラウドコンピューティング事業契約先としてマイクロソフトを選定したことを巡り、アマゾン・ドット・コムは22日、米連邦請求裁判所に同省を提訴した。

  アマゾンの広報担当者ドルー・ハーデナー氏は14日、「『共同防衛インフラ事業(JEDI)』の選定手続きで多くの面に明らかな不備や誤り、紛れもないバイアスがあった。こうした問題について検証・是正することが重要だ」と指摘。JEDIで受注を逃したことに正式に抗議する方針を示していた。

  国防総省のエリッサ・スミス報道官は声明で、司法省とともに訴状を精査すると説明。国防総省は「JEDIでの契約先決定に自信を持っている。選定は調達関連法に規定された基準に従って実施された」と強調した。

原題:
Amazon Sues Over Loss of Pentagon Cloud Deal to Microsoft (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE