コンテンツにスキップする

バイトマン氏、ECB戦略見直し計画支持-ラガルド総裁に「完全同意」

  • バイトマン氏、ラガルド氏発言から数時間後にフランクフルトで講演
  • 低金利の長期維持、ガイダンスでの確約は慎重に-バイトマン氏

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのバイトマン・ドイツ連邦銀行総裁は、ECBの政策戦略見直しに支持を表明し、金融緩和の長期化が及ぼす副作用を見過ごすべきでないとの持論を繰り返した。

  バイトマン氏は22日にフランクフルトで講演。この数時間前にラガルドECB総裁は、ECBの金融政策の「戦略的見直しを近い将来に開始する」と述べていた。バイトマン氏は景気下降時に速やかに対応できるような新たな政策アプローチについて、その長所と短所を考慮に入れつつ調べてみる価値はあると発言。「ラガルド総裁に完全に同意する。金融政策の戦略はわれわれの責務遂行に最適であるように、常に進化するべきだ」と語った。

  ECBが将来の政策意図を伝達するフォワードガイダンスの利点と限界にもバイトマン氏は触れ、一部の政策委員が主張するインフレ目標への対称的なアプローチについては、われわれの責務がそれを許さないと論じた。

  目標が示唆するより長く低金利を続けると約束すれば、インフレ率のオーバーシュートを容認することにつながり、インフレがいったん加速すれば約束を撤回せざるを得なくなると警戒感を表明。そのようなアプローチはインフレ率を2%弱で安定させるECBの目標にそぐわず、意思伝達上の問題と信用を損なうリスクとなりかねないと述べた。

原題:
Weidmann Says He Backs Lagarde Plan for ECB Strategy Review(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE