コンテンツにスキップする

テスラ新車お披露目でハプニング、実演で飛散防止の窓ガラス割れる

更新日時
From
  • 新型電動ピックアップトラック「サイバートラック」を発表
  • 株価終値は6.1%安、約2カ月ぶりの大幅な下げ

電気自動車(EV)メーカー、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は21日遅く、いつものようにステージに登壇して未来の車をお披露目した。今回は「サイバートラック」と呼ぶ新型電動ピックアップトラックだった。

  SF映画「ブレードランナー」を思わせる演出で始まった後、テスラのチーフデザイナー、フランツ・フォン・ホルツハウゼン氏が車体外側のステンレス製部分を大きなハンマーで打ち、へこまないことを示した。

Elon Musk's Electric Pickup Truck Unveiling Doesn't Go to Plan

電動ピックアップトラックのお披露目で登壇したイーロン・マスクCEO

出典:ブルームバーグ

  しかし2つ目の飛散防止ガラスの実演でしくじった。ホルツハウゼン氏は窓ガラス2つを金属ボールで意図せずに割った。通常、製品発表で脚本が用意されリハーサルが実施される方法を考えると、窓ガラスが割れたことはかなり想定外だった。

  テスラの株価はこの日、6.1%安で333.04ドルで終了。終値ベースで約2カ月ぶりの大幅な下げを記録した。

原題:
Tesla Truck Debut Gets Awkward as Shatterproof Windows Break (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE