コンテンツにスキップする

全国百貨店売上高、10月17.5%減-増税前駆け込みの反動や悪天候響く

  • 減少率は前回消費税率が引き上げられた14年4月の12%を上回る
  • 美術・宝飾・貴金属は31.3%減、化粧品は21.3%減
Customers look at bags for sale at the Isetan Shinjuku department store, operated by Isetan Mitsukoshi Holdings Ltd., in Tokyo, Japan.

Customers look at bags for sale at the Isetan Shinjuku department store, operated by Isetan Mitsukoshi Holdings Ltd., in Tokyo, Japan.

Photographer: Akio Kon/Bloomberg
Customers look at bags for sale at the Isetan Shinjuku department store, operated by Isetan Mitsukoshi Holdings Ltd., in Tokyo, Japan.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

10月の全国百貨店売上高は、前年同月比17.5%減少した。減少は3カ月ぶり。10月1日の消費増税を控えて宝飾品やブランド品など高額商品を中心とした9月の駆け込み需要の反動に加え、台風など天候不順が響いた。

  減少率は2015年3月(19.7%)以来の大きさで、前回消費税率が引き上げられた14年4月の12%を上回った。日本百貨店協会が22日発表した。

キーポイント
  • 10月の全国百貨店売上高は前年同月比17.5%減、前月は23.1%増
    • 地区別
      • 東京、大阪など10都市で17.3%減-前月24.5%増
      • 10都市以外の地区で17.9%減-前月19.9%増
    • 商品別
      • 美術・宝飾・貴金属31.3%減-前月102.9%増
      • 家電0.8%増-前月82.8%増
      • 家具20.2%減-前月46.3%増
      • 化粧品21.3%減-前月34.1%増
減少率は前回増税の14年4月を上回る

10月の百貨店売上高の詳細はこちらをご覧下さい

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE