コンテンツにスキップする
Photographer: NurPhoto/NurPhoto

気候変動抑制には多国間協力が必要-中国特別代表

A general view of heavy smog and pollution shrouding buildings in the metropolitan area of Bangkok, Thailand, 01 October 2019. (Photo by Anusak Laowilas/NurPhoto via Getty Images)
Photographer: NurPhoto/NurPhoto

中国の気候変動事務特別代表、解振華氏は21日、気候変動の課題に立ち向かうには、多国間協力と世界的な二酸化炭素排出量の削減目標が必要だと述べた。

  同氏は北京で開催されたブルームバーグ・ニューエコノミー・フォーラムで、中国は気候変動を巡る交渉に関して常に「多国間システム」を求めてきたとし、地球温暖化の抑制に貢献するため米国との協力に前向きだと語った。

  一方のトランプ米大統領は、国際的枠組み「パリ協定」からの離脱を国連に通告済み。ニューエコノミー・フォーラムは、ブルームバーグ・ニュースの親会社であるブルームバーグ・エル・ピーの1部門ブルームバーグ・メディア・グループが開催している。

Keep Rising

Carbon dioxide emissions from energy grew by almost 2% in 2018

Source: International Energy Agency, WEO 2019

原題:
China Says Stopping Climate Change Needs Multilateral Solutions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE