コンテンツにスキップする

中国には金融政策の余地がまだある-中国人民銀の周前総裁

中国人民銀行(中央銀行)の周小川前総裁は21日、中国には伝統的な金融政策の緩和余地がまだあるが、危機にうまく対応するための能力は金融政策が財政政策や構造改革と一体となって機能できるかどうかに左右されると述べた。

  周氏は北京で開催されたブルームバーグのニューエコノミー・フォーラムで、「この点に関してマクロ経済のコントロールをうまく管理することができれば、われわれはマイナス金利の領域へすぐに入らないようにすることが依然として可能だ」と述べ、「非伝統的な金融政策についてはそれほど検討する必要はない」と指摘した。

  また周氏は、世界の金融当局は危機の発生を防ぐ方法を考えるべきだとし、危機が始まる前に金利をゼロまで下げないように「最善を尽くす」必要があると語った。中国の金利は依然、他の先進国よりもはるかに高いと周氏は強調した。

Key Speakers and Interviews at the Bloomberg New Economy Forum

中国人民銀行の周小川前総裁

撮影:岩部隆明/ブルームバーグ

原題:
China Still Has Room for Monetary Policy, Ex-PBOC Head Zhou Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE