コンテンツにスキップする

米中古住宅販売、4カ月で3回目のプラス-在庫不足で価格上昇

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が21日発表した10月の米中古住宅販売件数は前月比で増加した。住宅ローン金利の低下が背景にある。住宅市場の回復傾向が続いていることが示された。

キーポイント

  • 中古住宅販売件数(季節調整済み、年率)は前月比1.9%増の546万戸
    • 過去4カ月で3回目のプラス
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想は549万戸
    • 前月は536万戸(速報値538万戸)に下方修正
  • 中古住宅価格(中央値)は前年同月比6.2%上昇の27万900ドル

  

U.S. home sales improving only gradually as lean supply drives price gains

インサイト

  • 安定した雇用増加や低金利、所得の伸びを追い風に、住宅市場は堅調さを維持している
  • 一方で、在庫不足から売り手の希望価格は高止まり。中古住宅の在庫は前年同月比4.3%減の177万戸
    • 前年比での減少はこれで5カ月連続
  • NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏:
    • 住宅ローン金利低下で、「買い手にとっては非常に望ましい市場環境」にあるが、「供給は極めて不足した状態が続いている」
    • 「買い手は市場に戻りつつあるものの、在庫不足があまりに速いペースで価格を押し上げている」

詳細

  • 全米4地域のうち2地域で販売が増加。最大市場の南部が4.4%増と最も伸びた
  • 販売に対する在庫比率は3.9カ月で、9月の4.1カ月から低下し、3月以来の低水準
  • 統計の詳細は表をご覧ください

原題:U.S. Existing-Home Sales Climb for Third Time in Four Months (1)(抜粋)

(統計の詳細など追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE