コンテンツにスキップする

インドネシア中銀、預金準備率を引き下げ-政策金利は据え置き

  • 7日物リバースレポ金利を5%に維持-31人中21人が予想
  • 預金準備率は0.5ポイント引き下げ-来年1月から適用

インドネシア銀行(中央銀行)は21日、政策金利を据え置く一方で、市中銀行の預金準備率を引き下げると発表した。景気を側面から支える。

  同中銀は7日物リバースレポ金利を5%に維持。ブルームバーグが調査したエコノミスト31人のうち21人の予想通りだった。10人は0.25ポイント利下げを見込んでいた。預金準備率は0.5ポイント引き下げる。

  インドネシア中銀は先月まで4カ月連続で利下げしていた。預金準備率引き下げは6月以来。来年1月2日から適用される商業銀行向けの預金準備率は5.5%。

Deteriorating Outlook

Bank Indonesia projects economic growth will slow to 5.05% in 2019

Source: Badan Pusat Statistik Indonesia and Bank Indonesia

* Figures for 2019 and 2020 based on Bank Indonesia projections

  ペリー・ワルジヨ中銀総裁は「金融政策は引き続き緩和的であり、目標レンジ内でコントロールされているインフレ見通しに沿っている」とジャカルタで記者団に語った。

原題:Indonesia Holds Key Rate, Cuts Banks’ Reserve Requirement (1)、Indonesia Cuts Banks Reserve Ratio, Keeps Door Open for Easing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE