コンテンツにスキップする

ソニー、印資産家アンバニ氏のメディア企業への出資で交渉

更新日時
  • インド国内のコンテンツ需要の高まりに着目
  • 現在資産査定中、取引成立に至らない可能性あると関係者

ソニーはインド人資産家ムケシュ・アンバニ氏が経営権を持つメディア企業への出資で交渉している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ソニーはインド国内でのコンテンツ需要の高まりに対応する狙いがある。アンバニ氏は石油精製や石油化学製品製造などを手掛けるリライアンス・インダストリーズの会長を務めている。

  情報が非公開であるとしてこれら関係者が匿名で明らかにしたところでは、ソニーは出資提案を行うかどうかの決定に先立ち、テレビネットワークを運営するネットワーク18メディア・アンド・インベストメンツのデュー・ディリジェンス(資産査定)を現在進めている。関係者1人によると、ソニーは買収提案や自社インド事業との統合を含め、幾つかの可能性を検討している。

  関係者は協議が暫定的であり、取引成立に至らない可能性もあると述べた。21日のムンバイ株式市場でネットワーク18傘下のTV18ブロードキャストは一時9.7%高を付けた。

  インドと日本のソニーの担当者にコメントを求めたが、返答していない。

原題:Sony Said to Be in Talks to Buy Stake in Ambani’s TV Network (1)(抜粋)

(交渉に関する情報などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE