コンテンツにスキップする

北朝鮮の交渉担当者に権限を、ビーガン米代表が金正恩氏に要求

米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表は20日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は今のところ非核化に本腰を入れる意向を示していないと語り、米国側との協議に真剣に取り組む権限を自国の交渉担当者に与えるよう金委員長に求めた。

  ビーガン氏は上院外交委員会で行われた国務副長官指名承認の公聴会で、「北朝鮮が非核化を選択したという意味ある証拠も検証可能な証拠もない」と指摘。「私にとって北朝鮮側の交渉相手は崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官だが、同次官はこれまでのところ、有意義な形で協議に参加していない」と述べた。

  さらにビーガン氏は、米国と北朝鮮は交渉の進め方について大枠で合意しているとして、自身の国務副長官指名で「北朝鮮問題の優先度がさらに高まる」と主張した。

原題:
U.S.’s North Korea Envoy Says Kim Isn’t Giving Negotiators Power(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE