コンテンツにスキップする
Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

シンガポール、7-9月GDPは前期比年率2.1%増に上方修正

Commercial and residential buildings stand in Singapore, on Wednesday, June 13, 2018. Tourism as well as the consumer sector will likely see a lift thanks to the influx of international media at the recent DPRK-USA Summit, according to RHB Research Institute Singapore Pte.
Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

シンガポール貿易産業省が21日発表した7-9月(第3四半期)の国内総生産(GDP)改定値は前期比年率2.1%増と、ブルームバーグが調査したエコノミスト予想中央値の1.8%増を上回った。

  速報値の0.6%増から上方修正されたもので、成長の勢いが増している可能性が示された。前年同期比でも0.5%増と速報値の0.1%増から上方修正され、やはりエコノミスト予想中央値(0.4%増)を上回った。

  同省はまた、2019年のGDP成長率が0.5-1%となった後、20年には0.5-2.5%が見込まれるとしている。

Singapore PMIs see brighter days while exports stay under pressure

原題:Singapore Sees Economic Recovery in 2020 as Growth Rebounds (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE