コンテンツにスキップする

アリババの香港ハンセン指数への採用、当面ない見込み-恒生指数

  • 現行ルールでは議決権に差のある企業はハンセン指数組み入れ対象外
  • 年末にもそうした企業の適格性を検討する議論を開始するとウォン氏

中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングが香港の代表的な株価指標であるハンセン指数に採用されることは、同指数を提供している恒生指数有限公司がルールを大幅に見直さない限り、なさそうだ。

  アリババはハンセン指数への組み入れに「適格な対象に含まれていない」と恒生指数のディレクター兼調査・分析責任者ダニエル・ウォン氏が電話取材で指摘。現行ルールの下では、議決権に差のある企業やセカンダリー上場をする企業は採用される資格がないと説明した。

  その上で、「年末にも」そうした企業の適格性を検討する議論を開始すると語った。

  議決権が均一でないアリババの株式構造が、2014年の新規株式公開(IPO)の舞台に香港ではなくニューヨークが選ばれた理由の1つだった。

Alibaba's U.S. shares surge ahead of Hang Seng index

原題:
Alibaba Won’t Join Hong Kong’s Stock Benchmark Any Time Soon (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE