コンテンツにスキップする

ソニー、5Gの「機器連携」視野にモバイル強化-世界シェアは0.167%

  • 5G向けスマホ「プレミアム、総合力を結集」-投入時期言及避ける
  • モバイル事業は3期連続の赤字見通し、来期の黒字化目指す

ソニーの高木一郎専務は、世界シェア低迷で赤字が続くモバイル事業について、次世代通信規格(5G)技術の導入で「機器連携や新たなサービスが出来上がる」とし、継続することはグループ全体の「シナジーを最大化させるために不可欠」と今後も強化していく姿勢を示した。

  高木氏はテレビやカメラ、モバイル事業を4月に統合した「エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション事業」の担当補佐を務める。

  21日のブルームバーグなどとのインタビューでモバイル事業について、他のサービスに「いい付加価値を与える」ことが重要とし、グループ内の連携も踏まえ「プレミアム、総合力を結集したスマートフォン」の開発に意欲を見せた。5Gモデルの投入時期への言及は避けた。

  モバイル事業は今期(2020年3月期)で3年連続の営業赤字となる見通し。7-9月の販売台数は60万台にとどまり、米IDCが発表した世界出荷台数(3億5830万台)から算出した世界シェアは0.167%だった。来期(21年3月期)の黒字化を掲げ、生産体制の見直しを進めている。

  高木氏は同社のスマホにはテレビや音響、カメラなどグループの技術が結集されているとし、「スマホ事業に協力できる領域は非常に大きい」と話した。現在は日本市場を重視しており、足元でスマホは計画以上に売れているとの認識を示した。

  ソニーがスウェーデンの通信機器大手エリクソンとの合弁で始めた携帯事業は、ウォークマン携帯など独自商品の展開により、08年3月期の販売台数は1億台を超えた。11年に完全子会社化したが、米アップルや韓国サムスン電子、中国の華為技術(ファーウェイ)の海外勢に押され、19年3月期は650万台まで落ち込んだ。

Latest Tech At The IFA Consumer Electronics Fair

ソニーのエクスペリア

Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE