コンテンツにスキップする

ターゲット株が急伸、8-10月の決算好調-通期見通し引き上げ

20日の米株式市場で、ディスカウントチェーンのターゲットの株価が急伸。8-10月(第3四半期)の好調な売上高や収益性改善を受けて通期見通しを再度引き上げたことが好感された。このところ複数の小売企業で低調な決算が発表されていたことから、市場では懸念が広がっていた。

  ターゲットの20日発表によると、第3四半期の既存店売上高は前年同期比4.5%増と、伸び率はコンセンサス・メトリックスがまとめたアナリスト予想を1ポイント上回った。通期利益についてターゲットは、一部項目を除いたベースで1株当たり6.25-6.45ドルと予想。株価は寄り付きで10%高となった。

The stock rose to record levels in early trading

  前日には百貨店のコールズなどが通期予想の引き下げを発表し、小売業界を巡る懸念が広がっていた。対照的にターゲットは都市部で小規模な新店舗を展開したことなどが奏功し、売上高の伸びにつながった。

  ターゲットでは電子商取引に力を入れたことも売上高の伸びにつながった。第3四半期のオンライン売上高は31%増だった。

原題:Target Climbs to Record High on Sales Beat, Raised Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE