コンテンツにスキップする

株どこみる:ニトリ「お値段以上」の業績見えるか-株価は右肩上がり

ニトリホールディングスの株価は20日に昨年9月以来の高値を付けたが、先行きには注意が必要だ。PER(株価収益率)は29倍とTOPIX小売業指数の24倍に比べ割高になってきた。10月2日開示の上期営業利益は減益だったものの会社計画を上回り、好感した買いが続く。

  22日には11月度の国内売上高を発表する予定だ。7月度を除くと既存店は増収ペースを保つ。株価の高値更新を促した堅調な月次数値推移を確認できなければ失望が出やすい。月次データは20日締めとなるため、10月の消費増税後の悪影響が出る可能性もある。10月度は増税前の駆け込み需要や前半でのキャンペーンで効果が出て、既存店売上高は前年同月比13%増えた。第3四半期業績が「お値段以上」になるかはまだわからない。

■ニトリホールディングスの株価

relates to 株どこみる:ニトリ「お値段以上」の業績見えるか-株価は右肩上がり

       

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE