コンテンツにスキップする

ウエストパック銀を提訴-豪史上最大の資金洗浄・テロ資金防止法違反

  • 2300万回超の体系的な違反、国際送金で報告怠った-AUSTRAC
  • コモンウェルス銀の違反件数をはるかに上回る

オーストラリアのウエストパック銀行は、豪史上最大のマネーロンダリング(資金洗浄)およびテロ資金供与防止法違反があったとして提訴された。

  豪州取引報告分析センター(AUSTRAC)は20日の裁判所への届け出で、ウエストパック銀に2300万回以上の体系的な同法違反があったほか、110億豪ドル(約8130億円)余りの国際送金で報告を怠ったと主張。子供の搾取に使われた可能性のある資金取引を探知できなかったなどとも訴えた。同行株は同日の豪州市場で3.3%下落した。

  コモンウェルス銀行は昨年、資金洗浄・テロ資金供与防止法違反で提起された訴訟の決着で7億豪ドルの支払いに同意したが、同行が認めた違反件数は約5万3000件で、ウエストパック銀の規模はこれをはるかに上回る。

CBA And Westpac CEOs Attend Hearings On The Findings Of The Royal Commission

ブライアン・ハーツァー最高経営責任者(CEO)

写真家:マーク・グラハム/ブルームバーグ

原題:
Westpac Accused of 23 Million Money-Laundering Breaches (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE