コンテンツにスキップする

中国、香港高裁の違憲判断を非難-司法制度への直接介入の懸念高まる

  • 覆面禁止法巡る高裁判断は行政長官権限を「大きく弱める」と報道官
  • 法律について違憲の判断下すのは裁判所の責務と香港大律師公会反論

中国政府は、香港政府が制定した覆面禁止法について香港高等法院(高裁)が基本法と相いれず違憲だとの判断を下したしたことを非難した。司法制度への中国の直接介入の懸念が浮上した。司法の独立はグローバルな金融センターとしての競争力の鍵とみなされることが多い。

  全国人民代表大会(全人代)常務委員会法制活動委員会の臧鉄偉報道官は19日に発表した談話で、前日の高裁判断は香港の行政長官の権限を「大きく弱める」ものだと指摘。香港の法律を解釈する権限は全人代にしかないと強調した。 

  談話は全人代がどう対応するかに言及していないが、全人代は香港の基本法について拘束力のある解釈を示す可能性があり、これは事実上、基本法の書き換えとなる。

  香港大律師公会(HKBA)は声明で、臧氏の談話内容は法的に正しくないとして、「法律について違憲の判断を下す」のは裁判所の責務だと反論した。

Hong Kong Protesters Stage Flash Mob To Mark One Month Since the Introduction of  Anti-Mask Law As China's Xi Backs Lam's Leadership

尖沙咀で「ガイ・フォークス」のマスクをかぶってデモ行進する人々(11月5日)

原題:
China Attack on Hong Kong Court Fans Fears of Legal Intervention(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE