コンテンツにスキップする

米国が12月にスウェーデンでの米朝協議を提案した-KCNA

  • 米国との非核化交渉を担う金明吉首席代表が述べた
  • 米国が「敵対的」な政策を放棄しない限り対話は「不可能」

北朝鮮外務省は、12月にスウェーデンで実務者レベルの米朝協議を行うことを米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表が提案したと明らかにした。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が米国との非核化交渉を担う金明吉(キム・ミョンギル)首席代表とのインタビューを基に報じた。

  それによると、米国は北朝鮮に直接接触せずに、スウェーデンに協議の提案を伝えるよう依頼したが、米朝協議の仲介役をスウェーデンが務めることはもはや必要でないと金代表は述べたという。

  金代表は米国との2国間協議が行われていないのは「コミュニケーション経路や調停役がないためではなく」、米国が「敵対的」な政策を放棄しない限り対話は「不可能だ」と語った。

原題:
North Korea Says U.S. Proposed a Meeting in Sweden in December(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE