コンテンツにスキップする

香港の暴力激化、シンガポールでも起こり得る-チャン貿易産業相

  • シンガポールでは公共の場でのデモ活動はまれ
  • 10月には「フェイク(偽)ニュース法」も施行された

シンガポールのチャン・チュンシン(陳振声)貿易産業相は18日、民主主義を支持する抗議参加者と警察の間での暴力激化が香港を「限界点」に追いやったと述べた上で、シンガポール政府が現状に甘んじれば香港と同じような事態になり得るとの認識を示した。

  同相は香港で起きたことから学べる教訓にシンガポールは留意すべきだと主張した。地元メディアによれば、チャン貿易産業相は「落ち着きが戻り、対話が始まり、建設的な行動が取られない限り、香港の将来と現行の統治モデルに重大な疑念が生じるだろう」と指摘。その上で「もしわれわれが現状に甘んじたり、もしくは気遣いを怠ったりすれば、香港で起きたことはシンガポールでも容易に起こり得る」と語ったという。

Anti-Government Protests in Hong Kong

香港理工大学近くで車が炎上(11月18日)

  シンガポールでは公共の場でのデモ活動はまれ。厳格な法律があり、警察の許可を受けない社会的な集会は違法で、罰金が科される。10月には「フェイク(偽)ニュース法」も施行され、当局が言論の自由を弾圧するために使う可能性があるとの懸念も生じている。

Key Speakers At Singapore-China (Chongqing) Economic and Trade Forum

シンガポールのチャン・チュンシン(陳振声)貿易産業相

原題:
Hong Kong Protests Could Happen in Singapore, Minister Warns (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE