コンテンツにスキップする

香港デモ隊の襲撃で2桁減収、小売りチェーンの優品360

  • 102店舗中70店舗余りが破壊された-林子峰会長
  • 中国政府寄りのギャングとの関係、林氏は否定

香港の輸入食品小売りチェーン、優品360(ベストマート360ホールディングス)は2桁の減収率に見舞われている。香港で続く反中国政府運動で過激なデモ参加者が同社の店舗を襲撃したためだ。

  林子峰会長は18日にブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、抗議活動が一段と激化する中、102店舗のうち70店舗余りが破壊行動の標的とされ、合計で180回以上攻撃されたと述べた。同社が標的にされたのは林氏が福建省の中国政府寄りのギャングとの関係を持つとデモ隊が考えているためだが、同氏はこれを否定している。

  デモ隊は店舗の窓を打ち砕き、棚を破壊し、商品に火を付け、壁にスプレーで落書きした。

Demonstrators March in Hong Kong's Kowloon As Protest Leaders Ignore Police Ban

油朝地でのデモで襲撃された優品360の店舗(10月20日)

  林氏は「私は香港に30年以上住んでいる。香港が戦場になるようなことがどうしたら起こり得るのか分からない。政府は独立調査委員会を設置して香港市民に説明すべきだ」と述べた。

  同社の株価は19日の香港市場で一時3.9%下落した。

原題:
Chain Hated by Hong Kong Protesters Sees Double Digit Drop (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE