コンテンツにスキップする

独VW、売上高と営業利益見通しを下方修正-株価下落

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は18日、2020年までの売上高と営業利益の見通しをそれぞれ引き下げた。中国など主要市場での需要減退を反映させた。

  同社は16-20年の売上高伸び率見通しを20%以上とし、従来予想の25%超から下方修正した。また、同期間の特別項目を除く営業利益は少なくとも25%増とした。従来予想は30%増以上。フランク・ウィッター最高財務責任者(CFO)がアナリストとの電話会議で明らかにした。見通し引き下げを受けて、同日の株価は3.3%安で取引を終了した。

    原題:
    Volkswagen Trims Growth Estimates as Industry Slowdown Bites (1)(抜粋)

      最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE