コンテンツにスキップする

リフト株上昇、収益に道筋とアナリスト-NYから撤退の競合社と提携

  • ゲットがニューヨークで事業をやめ、米法人顧客向けでリフトと提携
  • リフト株に「ますますポジティブ」だとJMPのジョジー氏

18日の米株式市場で配車サービスの米リフトの株価が一時5.4%上昇し、今月の高値を付けた。イスラエルのゲットがニューヨークのライドシェア部門を閉鎖し、米法人顧客向けでリフトと手を組んだ。JMPセキュリティーズのアナリスト、ロナルド・ジョジー氏は、リフトにとって「収益性に至る道筋がより明確になった」と指摘した。

  ゲットは今年制定されたニューヨーク市の規制を理由にライドシェア部門「ジュノ」を閉鎖した。リフトとの提携によりジュノの米法人顧客は来年からサービスの利用が可能になる。

  ジョジー氏は、ブライアン・ロバーツ最高財務責任者(CFO)と投資家との最近の昼食会を受け、ライドシェア分野の勢いが持続していることや収益性に至る道筋がより明確になったことを考えれば、リフト株に「ますますポジティブ」だと説明。投資判断を「マーケットアウトパフォーム」、目標株価を88ドルに据え置いた。

原題:Lyft Gains After JMP Sees Clearer Path to Profit, Gett Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE