コンテンツにスキップする

米は敵視政策撤回まで非核化交渉など「夢見るな」-北朝鮮の金英哲氏

  • 金英哲・朝鮮アジア太平洋平和委員長の談話を朝鮮中央通信が伝えた
  • 米韓軍事演習の撤回ないままでは非核化交渉の余地ないと金氏

北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は19日、米韓の合同軍事演習延期では十分ではなく、米国はその「敵視政策」を撤回するまで非核化交渉が実現するなど「夢見てはならない」とする朝鮮アジア太平洋平和委員会の金英哲(キム・ヨンチョル)委員長の談話を伝えた。

  談話は米韓軍事演習の「完全かつ後戻りできない撤回」がないままでは非核化交渉の余地はないとした。

  エスパー米国防長官は17日、今月予定していた米韓の合同軍事演習を延期すると発表。その数時間後、KCNAは米国が敵視政策をやめない限り、非核化交渉には一切応じないとする北朝鮮外務省報道官の談話を伝えていた。

原題:
N. Korea Says U.S. Must Drop ‘Hostile Policy’ Before Talks: KCNA(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE