コンテンツにスキップする

【NY外為】ドルが下落、トランプ・パウエル会談でドル話題に

更新日時

18日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長とトランプ大統領は18日の会談で、ドル高やマイナス金利などについて話し合った。英与党・保守党の立候補者らがジョンソン首相の離脱合意案に賛成票を投じることを誓約したことから、ポンドは上昇。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下
    • トランプ大統領、パウエルFRB議長、ムニューシン財務長官がホワイトハウスで会談したと伝わった後、指数は11月7日以来の安値となった
    • パウエル氏の発言は「先週の議会証言での発言と整合的だった」-米金融当局
    • 両者は低インフレについても話し合った-トランプ氏ツイート
    • 「実際のところ、米製造業者の主な懸念はドルの相対的な強さではなく、貿易を巡る不透明性がもたらす打撃の方だ」-スコシアバンクの通貨ストラテジスト、フアン・マヌエル・ベタンクール氏
  • クリーブランド連銀のメスター総裁は、米金融政策は好位置にあり、インフレは当局の2%目標に向かって上昇しているように見受けられると発言
  • 逃避先通貨はしっかり。米国との貿易取引に関する中国のムードは悲観的だとのCNBC記者のツイートが手掛かり
  • ポンドは主要10通貨の中で最も好調。ニューヨーク時間午後4時28分現在、ドルに対し0.5%高の1ポンド=1.2955ドル
    • 英総選挙関連の一連の世論調査で、ジョンソン首相率いる保守党が野党を大きくリード
    • ポンドはドルに対し4営業日続伸
  • ドルは対円で0.1%安の1ドル=108円67銭
    • ドルは早い時間に0.3%高となったが下げに転じ、一時は0.3%安の108円51銭に
Price action in havens remain closely tied to trade news
  • ユーロはドルに対して0.2%高の1ユーロ=1.1073ドル
    • 0.4%高の1ユーロ=1.1090ドルと、11月7日以来の高値に達する場面もあった

原題:Greenback Slips as Trump Talks Dollar With Powell: Inside G-10(抜粋)

(相場を更新し、情報を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE