コンテンツにスキップする

英アビバ、中国とシンガポール事業を保持へ-選択肢検証後

更新日時
  • ロンドン株式市場ではアビバの株価が3%を超える下落
  • MS&ADなどがアビバのアジア資産買収競うと先に報じられていた

英保険会社アビバは中国とシンガポールの事業を保持することを決めた。シンガポールについて買収提案を募ることも含め選択肢を検証したが、同事業を保持することが株主価値につながると結論付けた。同社が18日発表した。

  発表によると、中国の合弁事業も保持する。香港とベトナム、インドネシアでの事業については、それぞれの国でのパートナーと戦略的選択肢の検討を続けるという。

  同日のロンドン株式市場では、アビバの株価が3%を超える下落となっている。

  MS&ADインシュアランスグループホールディングスとカナダの生命保険会社マニュライフ・ファイナンシャルがアビバのシンガポールとベトナム部門の資産買収で競っていると、事情に詳しい複数の関係者が先に述べていた。

原題:
Aviva to Retain Singapore, China Businesses After Review(抜粋)
Aviva Retains Singapore, China Ops After Review; Shares Fall (1)、Japan’s MS&AD, Manulife Said to Vie for Aviva’s Asian Assets

(第3、4段落を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE