コンテンツにスキップする

香港理工大に残るデモ隊に政府が投降促す-覆面禁止に違憲判断

更新日時
  • 警察が一部参加者を地面に押さえ、時折警棒でたたく様子も-映像
  • 香港高裁、政府が緊急権限を使って導入した覆面禁止は違憲と判断
Anti-government protesters start a large fire in a staircase at the main entrance that leads into the Hong Kong Polytechnic University in the Hung Hom district of Hong Kong on November 18, 2019. 

Anti-government protesters start a large fire in a staircase at the main entrance that leads into the Hong Kong Polytechnic University in the Hung Hom district of Hong Kong on November 18, 2019. 

Photographer: YE AUNG THU/AFP
Anti-government protesters start a large fire in a staircase at the main entrance that leads into the Hong Kong Polytechnic University in the Hung Hom district of Hong Kong on November 18, 2019. 
Photographer: YE AUNG THU/AFP

香港理工大学から数十人に上る黒服の抗議デモ参加者が18日午後に脱出したが、警察は催涙ガスを放ち拘束した。負傷者も出ている。同大は警官に包囲されていた。

  テレビ映像では警察が一部の参加者を地面に押さえつけ、時折警棒でたたく様子も見られた。理工大に残っているデモ隊の人数は不明。一部の警官は参加者に拳銃を向けているように見えたが、誰かが撃たれた様子はなかった。

  香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官や李家超保安局長らが理工大のキャンパス内にとどまる抗議参加者に対し警察への投降を促す一方で、活動家らは包囲されたデモ隊を支援するため同大近くでさらに集会を開くよう呼び掛けた。

  林鄭長官はフェイスブックへの同日の投稿で、理工大周辺の混乱について、「暴徒」が「暴力の水準をエスカレート」させ続けていると批判した。その上で「警察は繰り返し訴えており、理工大キャンパスにいる者は聞くべきだ」とコメントした。

  李保安局長は抗議参加者によるリモコン爆弾や投石機、火炎瓶など武器の使用を非難。香港政府のナンバー2、張建宗政務官は政府として「根深い問題」に取り組む決意だと述べ、暴力を終わらせることが引き続き最優先課題だと明言した。

  香港高等法院(高裁)は18日、政府が緊急権限を使って先月導入した覆面禁止は基本法と相いれず、違憲との判断を下した。マスク禁止は市民の基本的権利の制限で行き過ぎだと指摘した。一方、香港政府は学校の休校を19日も継続すると発表した。

HONG KONG-CHINA-POLITICS-UNREST

香港理工大学のキャンパスで警察と衝突するデモ隊(18日)

Photographer: Ye Aung Thu/AFP via Getty Images

  香港警察は18日午前、週末の抗議活動参加者らとのにらみ合いの末、九竜地区にある香港理工大でデモ隊の排除に動いた。

  警察は排除作戦を行ったと説明し、キャンパス内に「攻め入った」とのニュース報道に反論した。数日にわたり立てこもっていた抗議デモ参加者の排除で警察は実弾を使用する可能性を警告していた。理工大は活動参加者らが実験室を破壊し、「危険な化学薬品」を取ったと話した。

  一方、中国国防省の呉謙報道官は訪問先のバンコクで開いた18日のブリーフィングで、人民解放軍の香港駐留部隊が街頭で16日行った清掃作業について、兵士らは「香港市民と共に路上の障害物を片付け、こうした取り組みは市民に歓迎されている」と擁護した。

HONG KONG-CHINA-POLITICS-UNREST

クロスハーバートンネル近くで催涙弾を放つ警察(18日)

  民主党主席を務めた政治家、劉慧卿(エミリー・ラウ)氏は一部の香港住民が大規模な妨害にうんざりしつつあるものの、多くは抗議活動が掲げる広範な目標をなお支持していると述べた。

  劉氏はブルームバーグテレビジョンで、「一部の香港市民は過激な抗議活動参加者に関して我慢の限界に達している」と指摘しながらも、「強い共感を持ったり、彼らを今後も支持するため黒い服で街頭に出たりする人もいる」と述べた。

  理工大の学生代表、オワン・リ氏は18日未明に記者団に対し、学内に残っている人数は分からないとした上で、流血の事態を避けるよう訴えた。

  リ氏は学生と職員が安全にキャンパスから離れる「解決策があると心から望んでいる」と述べた。

  一方、中国共産党機関紙・人民日報は1面で、香港の将来と主権に関連する問題については妥協や譲歩の余地はないと論評した。香港の混乱はその統治システムの改善が必要かつ急務であることを浮き彫りにしているとした上で、中国は「一つの中国」政策に挑戦する者を許さないと強調した。

HONG KONG-CHINA-POLITICS-UNREST

香港理工大学でデモ隊に催涙ガスを放つ警察(18日)

Photographer: Ye Aung Thu/AFP via Getty Images

  週末はデモ隊がレンガや火炎瓶などを警察に投げつけ、催涙ガスや放水車で警官が応じるなど大規模な衝突が見られた。警察のメディア連絡官が脚に矢を受けたほか、街頭を清掃していた住民はデモ隊から火炎瓶を投げつけられた。

  中国の人民解放軍の兵士らは16日、駐留施設から出て清掃活動に参加するという異例の行動を取った。これについて一部では、中国が香港に対する統制を強化するものだとの懸念が強まった。

HONG KONG-CHINA-POLITICS-UNREST

香港理工大学近くで火を付ける反政府デモ隊(18日)

Photographer: Ye Aung Thu/AFP via Getty Images

原題:Lam Urges Besieged Protesters to Heed Police: Hong Kong UpdateArrests, Clashes as Protesters Flee University: Hong Kong Update(抜粋)

(3-5段落目を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE