コンテンツにスキップする

テスラ、ベルリン工場に4800億円投資を計画ービルト紙

  • マスクCEOが新たに発表したベルリン工場は年間最大15万台生産へ
  • 最初の生産ラインはSUV「モデルY」を製造へ

米電気自動車(EV)メーカーのテスラは、創業者で最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏が新たに発表したドイツ・ベルリンの工場に40億ユーロ(約4800億円)を投資する計画だ。独紙ビルトが情報源を明らかにせずに17日報じた。同工場は年間最大15万台を生産する見通しだという。

  同紙によると、ベルリン工場での最初の生産ラインはスポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルY」を製造し、生産は2021年にも行われる可能性がある。同社は補助金約3億ユーロを受け取る可能性があるが、欧州連合(EU)の承認が必要となるという。

  ビルトによれば、ベルリン工場は当初3000人を雇用する予定だが、その数は最終的に7000人に増加する可能性がある。

原題:
Tesla Plans to Invest $4.4 Billion in Berlin Factory, Bild Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE