コンテンツにスキップする

米が敵視政策やめない限り、非核化交渉に応じず-北朝鮮外務省が談話

北朝鮮は米国が「敵視政策」をやめない限り、非核化交渉には一切応じないと表明した。北朝鮮外務省報道官の談話を国営朝鮮中央通信(KCNA)が17日に伝えた。

  談話は「将来、朝米の協議が行われるとしても、まずは米国が関係改善を目指し、われわれを敵対視する政策を撤回する案を提示しない限り、核問題については決して協議しない」とした。

  談話は国連で北朝鮮による人権侵害を非難する決議が先週採択されたことを受けたもの。この数時間前、エスパー米国防長官は今月予定されていた米韓の合同軍事演習を延期すると発表していた。

原題:
Pyongyang Rules Out Nuke Talks Unless U.S. Lifts Hostility: KCNA(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE