コンテンツにスキップする

河野防衛相、韓国国防相に「賢明な対応」要求ー軍事協定破棄で

更新日時

河野太郎防衛相は17日、タイのバンコクで韓国の鄭景斗国防相と会談、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことについて、「賢明な対応」を求め再考するよう要請した。

  防衛省の発表によると、日韓の防衛相会談では、日韓、日米韓の連携は北朝鮮情勢を考えると非常に重要であり、国際社会の中で、海賊対処などの重要な課題についてもしっかり協力していくことで一致した。

  バンコクで会見に臨んだ河野防衛相は、日韓の防衛当局の関係は朝鮮半島情勢、あるいは東アジアの安保情勢が厳しい中、今後とも非常に重要だと思うとし、しっかりと意思疎通をしていきたいと語った。

  また、続いて開かれた日米韓3カ国防衛相会談後、河野防衛相は記者団に、エスパー米国防相を交え北朝鮮問題を含む課題に関し3カ国の協力と連携促進の必要性について協議したと話した。発言の模様はNHKがネットで中継した。

(第4段落に河野防衛相の発言内容を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE