コンテンツにスキップする

独VWが次世代技術に7兆円超投資-EVや自動運転に大きくシフト

From
  • 投資計画は5年で600億ユーロ、従来の440億ユーロから36%増
  • 「モビリティーの未来に投資を集中させる決意」-VW会長

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)が電気自動車(EV)や自動運転など次世代技術への投資を36%増やす。脱燃焼機関の時代へと大きくかじを切ることで、ライバルを引き離したい構え。

  VWの15日の発表によると、ハイブリッド車やEV、デジタル化への投資予算を5年で計600億ユーロ(約7兆2000億円)と、従来予定していた同440億ユーロから拡大する。年間投資は120億ユーロとなる。

  同社のハンスディーター・ペッチュ会長は監査役会が計画を承認後、「われわれはフォルクスワーゲン・グループの変身を推し進め、モビリティー(移動)の未来に投資を集中させる決意だ」と発表文で述べた。 

Volkswagen AG Begins Mass-Market Production Of The VW ID.3 Electric Automobile

ドイツ国内の電気自動車組み立てライン

原題:
VW Challenges Rivals With $66 Billion for Electric Car Era (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE